便秘イメージ

便秘の原因を作るストレス社会とは?

便秘で悩む人は多いのですが特に日本人には便秘の傾向が多いようです。
海外と日本の仕事環境は大きく違いますので心の余裕も関係しているようですね。
それはストレス社会の影響もものすごく大きいのですが何よりも生活環境が明らかに変わりつつあるからなのです。
それに伴い食文化も欧米化してきていますので昔の和食中心のスタイルから 肉や脂っこい料理を好んで食べる生活も肥満や便秘を招く原因にもなっています。
まず仕事中心で生活をするのが現代人のスタイルとして定着しつつあり、 これが世間でいうストレス社会と呼ばれているものでもあり、 ほとんどの人は家庭で過ごすよりも職場で過ごす時間の方が長くなりますので、 例えば会社員で重役などの役職についている場合は休みでも会社に呼ばれたら行かねばならず 生産が追い付かないということであれば休みであろうと駆り出されます。
家でも絶えず仕事のことを考えていかねばならないという事は大変なストレスです。
特に職場での人間関係は大きなストレスの一つで国でも8割近くはこの人間関係を我慢しながら 働いているというのが現状なのです。
大きなストレスを感じれば当然腸内の環境も悪くなり、身体中に発生する活性酸素とともに 腸には悪玉菌が溜まってきますので、そうなると便秘がひどくなる傾向にあるようです。
腸内で溜まった便が固くなり排便がスムーズにいかない状態で過ごしていると大変危険ですね。
というのも元々人間は、外側から受けるストレスには非常に弱いものですので それが便秘や下痢となって目に見えるカタチとして現れる訳です。
出来る範囲の部分から改善を心がけてストレスは溜めすぎないように そして食事は規則正しくを心掛けるようにしたいものです。

Copyright(C) 2014 腸内環境.com All Rights Reserved.